食べる

高円寺に創作タイ酒場  ラオス人で日本育ち店主、「生活拠点の一部になれたら」

店主のアリさん

店主のアリさん

  • 15

  •  

 タイ料理酒場「メコン東京」(杉並区高円寺南3)が3月3日、高円寺エトアール通り商店街にオープンした。

鶏の丸焼き「ガイヤーン」とラオスビール

[広告]

 タイ料理をベースにした創作料理を提供する同店は、昭島市にある「MEKONG」の姉妹店。屋号の「メコン」は、店主のアリさんがラオス人で、出生地はタイであることから、両国に隣接している「メコン川」に由来。「メコン川のように長く営業を続けたい」との願いも込めた。席数は、カウンター=6席、テーブル席=14席。

 高円寺にオープンした経緯について、アリさんは「タイで生まれ2歳から日本に住んでいる。高円寺は雑多な雰囲気で、多国籍料理も受け入れられるイメージ。日本の料理学校やレストランで学んだ経験から、日本の食材や味を取り入れた創作タイ料理を楽しんでもらいたい」と話す。

 アリさんが薦めるのは、オリジナルソースに2日間漬け込んだ鶏を、スチームコンベクションオーブンで焼いた後、炭火で仕上げた丸焼き「ガイヤーン」(3,278円)。ランチでは、セルフでグリーンカレー食べ放題を用意する。ドリンクは、ラオスビールや、ナチュールワイン、タイティーハイなど。

 「料理も酒も合わせて楽しんでほしい。メコンが生活拠点の一部や、居場所と感じてもらえるような店にしたく、お客様とのコミュニケーションも大切にしていきたい」と意気込む。

 営業時間は17時~24時(土曜・日曜・祝日は12時~)。休業日は、SNSで告知する。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース