食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

西荻窪にカジュアルビストロ「ルポン」 自家製ソーセージやビネガードリンクなど

「夏のクラフト乾杯セット」と3種のクラフトソーセージ

「夏のクラフト乾杯セット」と3種のクラフトソーセージ

  • 0

  •  

 西荻窪に5月8日、ビストロキッチン「ルポン」(杉並区松庵3)がオープンした。

女性客でも居心地が良いと感じる空間にしたという店内

 自家製クラフトソーセージと手作りポトフなどを提供するカジュアルビストロ。リンゴ・ブドウ・キウイ・トマト・セロリなどをビネガーに漬け込んだシロップの焼酎割り、ノンアルコールのビネガードリンクなども人気だという。

[広告]

 広さは約52平方メートルで27席を用意。地下1階で一人の女性客でも入りやすい空間にしたという。

 店主の鈴木秀輔さんは居酒屋、レストランなど15の飲食店でホールやキッチンを経験。港区内の高級和食店を退職し、開業に至った。「東京に出てきて最初に住んだのが西荻窪で、街の雰囲気が好きだったのと、直感的にビビビッと来た物件に出会えたので」と西荻窪への開業理由を話す。

 お薦めは「夏のクラフト乾杯セット」(酢サワーのセット750円、クラフトビールのセット1,450円)で、「野菜とナンコツのソーセージ」「砂肝入りチョリソー」、フレンチの「ブータンブラン(牛乳と鶏肉のふわふわソーセージ)」の中から1種を選び、ザワークラフトや夏野菜などを盛り付ける。鶏と香味野菜を3時間煮込んだ「季節野菜のポトフ」(1,180円)、「牛スジと牛スネ肉のポトフ」(900円)、「豚バラ肉のコンフィ~大葉のサルサヴェルデ」(900円)など。

 鈴木さんは「焼き鳥屋や下町風居酒屋が林立する西荻窪エリアに、ありそうでなかったカジュアルビストロ。一人でも、仕事帰りに仲間とわいわいでも楽しめるお店。足を運んでいただけたら」と呼び掛ける。

 営業時間は18時~翌3時(土曜は17時~、日曜は17時~24時)。「夏のクラフト乾杯セット」は9月30日まで。

Stay at Home

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?