プレスリリース

エシカル・サステイナブルファッションの出展が続々と決定!3月27日(水)より開催「ファッション ワールド 東京 春」

リリース発行企業:リード エグジビション ジャパン株式会社

情報提供:

リード エグジビション ジャパン株式会社(本社:新宿区西新宿/代表取締役社長:石積 忠夫)は、2019年3月27日(水)~29日(金)の3日間、東京ビッグサイトで「第6回 国際 ファッション ワールド 東京 春」を開催いたします。



資源枯渇や汚染がより深刻になり、環境意識の高まりを背景に広がりつつある「エシカル」や「サステイナブル」といったキーワード。循環型経済への移行を働きかけるエレン・マッカーサー財団によると、アパレル・ファッション産業の年間の温室効果ガスの排出量は12憶トン。石油産業に次いで2番目に環境問題を引き起こしている業界と言われています。環境への配慮が高まる現代において、消費者は、流行や質だけでなく背景を含めて良質なファッションを求めるように変化しています。3月27日(水)から3日間、東京ビッグサイトで開催する「第6回 国際 ファッション ワールド 東京 春」にはエシカル・サステイナブルファッションの出展が続々と決定。ここではその一部をご紹介します。同展はアパレル、バッグ、シューズ、アクセサリーなど、あらゆるファッション商材が世界40カ国から750社出展する日本最大*のファッション製品展です。今年のAW新作など4万9,000種が一堂に集結します。エシカル消費が推奨される今、注目のブランド・製品の数々を仕入れにぜひご来場ください。

■出展ブランド(一部抜粋)
日本初上陸のエシカル&フェアトレードブランド
ブランド名:UPASANA(ウパサナ)/社名:Fairy’s Favourite イオンリテール(株)

インド南部のエシカルヴィレッジ、オーロヴィル発祥のエシカルでフェアトレードな手紡ぎ手織り&オーガニックコットンのエレガントな雰囲気のブランド。インドの伝統的な繊維技術とこだわり抜いた高いデザイン性の相乗効果によって、一度袖を通すと虜になる人が続出しています。

オランダ・アムステルダム発祥のエシカルなバッグ
ブランド名:OMYBAG/社名:LAULHERE

エシカルなバッグ・革小物を通じて「世界に前向きな変化をもたらす」ことを使命に掲げているオランダ・アムステルダムのブランド。最高品質のエコレザーに本物のヴィンテージの風格を漂わせたバッグは洗練されたテイストで、オンからオフまであらゆるシーンで活躍してくれます。

リサイクル素材でできた メキシコのバッグブランド
ブランド名:Jules Dwij/社名:(有)シューティングスターズ

Jules Dwij(ジュールス ドゥウィッジ)はメキシコのバッグブランド。リサイクルレザーとコルクで作るサステイナブルなバッグはオールハンドメイドで、レーザーカットによる彫刻のような作りが特徴です。

スイスのエシカルブランドバッグ
ブランド名:Schreif/社名:Schreif

Schreif(シュライフ)は2011年にスイス・チューリッヒで創業されたバッグブランド。中米・エルサルバドルで廃棄される予定だったタイヤチューブを再利用して作られています。スイスらしい精巧なデザインは時代に左右されない上質でタフなバッグです。

サステイナブルなモンゴルの高級カシミヤ
ブランド名:EDEM cashmere/社名:Tsast sogoot LLC

2012年創業のブランド。オーガニック素材を使用したカシミヤ衣料の生産を通して、モンゴルの遊牧民を支援し、公正で持続可能な事業を展開しています。繊維の宝石と称賛される高級なカシミヤ製品が勢揃い。


開催概要

~ 日本最大*のファッション製品展 ~
名称:第6回 国際 ファッション ワールド 東京 春
会場:東京ビッグサイト
日時:2019年3月27日(水)~29日(金) 10:00~17:00
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
同時開催:第4回 国際 ファッション 生産・素材 ワールド 東京 春

▼ 第6回 国際 ファッション ワールド 東京 春
https://www.fashion-tokyo.jp/prtimes0322_top/

▼ 招待券(無料)のお申込みはこちらから
https://www.fashion-tokyo.jp/prtimes0322_inv/
※招待券をお持ちでない場合、入場料¥5,000/人がかかります。


お問合せ先

主催者 リード エグジビション ジャパン株式会社
ファッション ワールド 東京 事務局
TEL:03-6634-0787

*同種の展示会との出展社数・製品展示面積の比較。
※掲載の国数、出展社数、および製品数は、最終見込み数字であり、開催時には増減の可能性があります。
※本展は商談を目的とした展示会です。一般の方、18歳未満の方のご入場はお断りしております。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?