見る・遊ぶ 買う

高円寺にキン肉マンショップ NEOカルチャー発信、キン肉マンの聖地になれば

等身大キン肉マンとキン肉マンソルジャーが出迎える

等身大キン肉マンとキン肉マンソルジャーが出迎える

  • 402

  •  

 「キン肉マン KIN29SHOP-NEO」(杉並区高円寺南3、TEL03-6383-1031)が1月29日、高円寺PAL商店街にオープンする。

オリジナルTシャツを着て「ステカセキング」と同じポーズをとる池上社長

 漫画「キン肉マン」のオフィシャルショップで「バンバンビガロ」(高円寺北2)が運営する。Tシャツ、帽子などのアパレル商品や雑貨などオリジナルグッズを販売する。店内奥にはイベントスペースを用意し、トークイベントや、ギャラリー、展示会などを開催する。高円寺には2007(平成19)年から2013(平成25)年まで同ショップがあったが閉店し、8年ぶりの再オープンとなる。

[広告]

 同社の池上且宏社長は「ショップは現在池袋のサンシャイン、お台場のダイバーシティ、大阪の心斎橋ビッグステップと商業施設内で運営してきたが、コロナ禍で商業施設や繁華街には行きづらいとの声が聞こえてきた。高円寺は、当社と嶋田先生(作者のゆでたまごの嶋田隆司さん)も事務所を構える地元なので盛り上げたい気持ちで、再びこのタイミングでオープンすることを決めた。昨年の春過ぎから半年くらいかけてテナントを探して、PAL商店街の一等地に出合えた」と話す。

 同店は、ステレオカセットデッキがモチーフの超人「ステカセキング」をメインキャラにしたといい、アートパネルやキャラのデザインが入ったオリジナルグッズも多く並ぶ。高円寺のイメージである「ロック」をモチーフにしたポップなデザインのTシャツ(4,000円)は池上さんのお薦め。今後は既に販売しているキャップ「NEW ERA」に「高円寺」の刺しゅうが入ったものなどを展開するという。

 「高円寺をキン肉マンの聖地にする野望の第一歩。都内最大級の店舗からNEOカルチャーを発信していきたいと思っているので応援していただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?