暮らす・働く

物まね芸人ナナちゃんがキッチンカーで一人親家庭支援 クラファンで資金募る

森高千里さんの物まねタレント「ナナちゃん」

森高千里さんの物まねタレント「ナナちゃん」

  • 38

  •  

 物まね芸人でフードコーディネーターのナナちゃんが、全国の一人親家庭に食事を提供するボランティア活動「あったかごはんありまっせ」プロジェクトを始動した。

キッチンカーのイメージ

 森高千里さんの物まねタレントとして、ライブやイベントで活動する、ナナちゃんこと古村奈々さんが大学時代の友人、大崎あゆみさんと実施する同プロジェクト。活動のためのキッチンカー購入や運営資金をクラウドファンディングで募る。4月19日には購入したキッチンカーで、杉並和泉明店街(通称、沖縄タウン)の「片桐酒店」(杉並区和泉1)前で支援を予定する。

[広告]

 ナナちゃんは、「沖縄タウン」にあるラーメン店「世界の龍ちゃんよしき坊」(和泉1)の店主、稲垣剛規(よしき)さんが「バットマン」に扮(ふん)するキャラ「バッタモン」と共に、「キャットウーマン」をまねた「ニャンコウーマン」のキャラで、被災地の支援活動や募金活動などを行っている。今回のクラウドファンディングも、同店が協力している。

 きっかけについて、ナナちゃんは「7歳の時、阪神淡路大震災で被災し、家が半壊し食べるものが無く、家族3人で生きていくことが厳しい状況にあった。そんな時に、全国から集まってきてくれたボランティアの方々に温かい食事を提供いただき、家族皆で生き抜くことができた。その頃から、ボランティア活動を通して誰かの役に立ちたいと思うようになった」と振り返る。「フードコーディネーターの資格を生かして、コロナ禍の影響により元気を無くしている子どもに温かい食事を届けて、笑顔になってもらうボランティア活動が今私の一番やりたいこと」と話す。

 目標金額は200万円で、支援金はキッチンカーの車体代やDIY材料費、クラウドファンディング手数料、車の維持費などに充てる。キッチンカーにはモニターを付け、パフォーマンスができるようにする。2月24日現在、支援金は77万9,577円集まっており、目標金額に満たない場合も計画を実行する。

 ナナちゃんは「全国の人たちを笑顔にしたいという理由でお笑い芸人を職業として選んだ。今回のプロジェクトも、お笑い芸人であり、トータルフードコーディネーターである私だからこそ実現できることだと考えている。まずは沖縄タウンと千葉で支援活動を予定しているが、関東圏から始め、今後全国の子どもたちに温かいご飯を届けたいと思っている。ご支援いただければ」と呼び掛ける。

 2月28日まで。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース