買う 暮らす・働く

杉並区、図柄入りナンバープレートの交付始まる 「なみすけ」デザインで

フルカラーのナンバープレートのイメージ

フルカラーのナンバープレートのイメージ

  •  

 杉並区が図柄入りナンバープレートの交付を10月1日に開始する。

モノクロのナンバープレートのイメージ

 区は、知名度アップや地域振興、観光振興を目的に2013年11月から国土交通省の「ご当地ナンバー」を導入し、現在約10万台が登録をしているという。さらなる発展を目指し2017年11月に図柄入りナンバーのデザインを公募したところ、全国から32点の応募があり、区民の投票で最も人気が高かった作品を選定した。

[広告]

 同ナンバーは、新車のほか使用中の車でも取り替えができる。区公用車への導入は順次進めていくといい、11月3日・4日に桃井原っぱ公園で開かれる同ナンバーを導入した水素自動車「なみすけ号」を披露する。同日は記念キーホルダーを30人に贈呈するという。

 交付料金は、モノクロは中板(自家用車など)=7,300円、大板(大型バス等)=1万900円。1,000円以上の寄附でフルカラーのプレートを選択することができる。

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?