3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

株式会社ファクトセンス設立とサービス開始のお知らせ

リリース発行企業:株式会社ファクトセンス

情報提供:

世界最高のデジタル活用知見を中堅中小企業の皆様に提供し、共に育み、日本経済の多様で本質的な成長の一助になれればと考え、弊社設立と相成りました




Deloitte, McKinsey, BCG, PwCといった会社をご存知でしょうか?先進的な大企業の多くが契約している世界中に拠点を持つ世界最高のコンサルティング企業です。弊社はDeloitteのデジタル戦略部門マネージャーとして在籍していた代表が設立した中堅・中小企業向けのデジタル活用コンサルティングを主事業とする会社です。

デジタルという言葉はマーケティングの文脈で従来よく使用されていましたが、今では業務全般、開発/生産/物流の現場、あるいは人々のライフスタイルすべてに内在し、その進化を加速度的に早めていく鍵となる考え方として認知されています。そういった背景の中でグローバル経済の最前線では今、デジタルを如何に使いこなすか、その考え方をどう組織に浸透させるかがこれからの企業存続における最重要テーマとなっており、大企業の経営層にはデジタルの流れに乗れなければ10年後にはうちの会社はなくなってしまうのではないか、、とまで考えていらっしゃる方が多数いらっしゃいます。

一方で、大企業と中堅・中小企業の間でデジタルに対する意識は大きく乖離しており、中堅・中小企業ではデジタルという概念すら薄く、未だに単なるITツール導入で満足しているケースも見受けられます。そういった背景を鑑みると、今後はデジタルの力によって大企業の市場支配力はますます強大化していき、中堅・中小企業が稼げるスペースは縮小化していくことが容易に予想されます。弊社設立の背景には、デジタルによる市場の不健全な破壊的進化が起こり得る昨今の状況に大いなる危惧を感じたことが大きく関係しています。

そのような悲観的な将来ビジネスシナリオを回避し、多様かつ健全な市場環境の維持と成長に貢献すべく、従来は大企業のみが利用できていた戦略コンサルティングサービス(※)を中堅中小企業の皆様に受け入れやすい形に再編しながらリーズナブルな報酬体系でご提供します。デジタルを基軸として3年~20年先の将来を見据えたソートリーダーシップを中堅中小企業の経営層や幹部の方々に発揮する戦略コンサルティングを専門に行う会社は日本初であると考えております。

※ビジネスの将来予測や業界動向分析、豊富な経験・事例に裏打ちされた方法論の提示、適切なアプローチ提案と実行支援等のサービスを提供

とはいえ、大企業と中小企業ではビジネス構造も売上高も従業員数も全く別の世界であることが多く、グローバル経済の最新知見であろうと、活用できなければ、まさしく絵に描いた餅、、どころか美味しそうにも見えない餅になってしまいます。弊社は様々な中堅・中小の会社様とのお付き合いの中で、それぞれのお悩みを聞きながら、最新知見をどのように使いこなすか、新たな方法論が必要なのではないか、あるいはまずは足元の緊急課題を解消せねば、、など泥臭く検討を重ねながら、それぞれのお客様に合ったご支援を実施しております。

なお、アドバイザーとしての思考的な成果創出以外に実行支援として様々な役務を併せて提供することが可能です。必要とあらばデジタル活用の企画や実行、あるいはさまざまなITサービスの比較評価・導入・運用管理までワンストップで対応いたします。加えて、中堅中小のお客様の誰もが抱える人材不足や資金不足についてもデジタル活用の文脈の中でケアすべく、デジタルを推進できる自社人材の育成や、原資を確保するための資金繰り改善や事業収益構造の見直しを行うターンアラウンド(事業再生)まで、包括的にご支援することが可能です。

とりわけ弊社は特定の企業/製品/サービスに依存していないため、真にお客様に寄り添ったサービスをご提供することが可能です。デジタル活用とは何か、あるいはデジタル化に悩んでいる、もっと力を入れていきたい、など関心をもたれた方は是非お気軽にお問い合わせください





■株式会社ファクトセンス に関して
本社所在地:東京都品川区北品川5-12-4 リードシー御殿山ビル8F
代表取締役:芳士戸 淳
設立年月:2019年11月20日
資本金:30万円 (必要に応じて積み増し予定)
出資比率:創業者(100%)
事業内容:デジタル経営戦略コンサルティング、および関連する業務の各種業務委託、アウトソーシング
URL:https://www.factsense.co.jp

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?