暮らす・働く 学ぶ・知る

荻窪で消費生活サポーター講座 クーリングオフや詐欺手口学ぶ

「ウェルファーム杉並」外観

「ウェルファーム杉並」外観

  •  
  •  

 「消費生活サポーター講座」が8月31日から3回にわたり、ウェルファーム杉並(杉並区天沼3)で開催される。

消費生活サポーター講座

 消費者センターが、地域で消費者被害の防止を啓発するボランティア「消費生活サポーター」を養成する講座を開講する。講座では、弁護士・消費生活相談員として活躍する講師から、クーリングオフの制度や消費者被害のターゲットとなりやすい高齢者や障がい者、若者を中心とした消費者トラブルの現状など、消費者行政の概要や契約の基礎知識などを学ぶことができる。

[広告]

 講座修了後、杉並区に消費生活サポーターとして登録すると、身の周りの人への注意喚起や、消費者センターが実施する事業のPR運営協力、出前講座講師、消費者センターが実施する研修会などに参加できるという。

 担当者は「消費者センターの存在を知らない人も多いと思うが、杉並区在住・在勤・在学者なら誰でも無料で利用できる。消費生活サポーター講座を受講することで、自身はもちろん、家族や地域の方がより賢い選択や消費ができるよう、手助けをする活動をしてほしい。『消費』という非常に身近なテーマだが、改めて学ぶ機会はなかなかない。日頃の消費行動で抱える疑問も解決できるかもしれない」と参加を呼び掛ける。

 「最近は巧妙な手口の詐欺も多い。最新の消費者被害についての知識を身に付けて、自己防衛するためには、消費者センターにも気軽に相談に来てほしい」と話す。消費者センターの相談受付時間は、9時~16時(土曜・日曜・祝日定休)。

 開催日時は8月31日、9月7日・21日。午前の部=10時~12時、午後の部=13時~15時。定員20人。参加費1,500円。申し込みは12日まで。問い合わせは地域課地域人材育成係 すぎなみ地域大学担当(TEL03-3312-2381)まで。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?