見る・遊ぶ 暮らす・働く

杉並区在住の大西瞳さんが、リオパラリンピック陸上出場 区長を表敬訪問

リオパラリンピック陸上に出場する大西瞳さんと田中区長

リオパラリンピック陸上に出場する大西瞳さんと田中区長

  •  
  •  

 杉並区在住で、リオパラリンピック陸上に出場する大西瞳さんが8月23日、田中良区長を表敬訪問した。

 T42クラス(片大腿(だいたい)切断など)の女子100メートルと、走り幅跳びに出場する大西さん。

[広告]

 大西さんは2000年に疾病のため右大腿部を切断し、義足での生活となった。競技との出会いは、義肢装具士の「走れるようになると奇麗に歩けるようになる」の一言がきっかけだったといい、「走ることで、障がいを乗り越えることができた」と話す。

 今年6月、IPC公認2016ジャパンパラ陸上競技大会「T42クラス」(片大腿切断など)では、100メートルに出場し、16秒90の記録でアジア新記録を樹立。翌日、同クラスの走り幅跳びでは、3メートル52の記録で自ら持つ日本記録を更新し、2種目でパラリンピックの出場権を得た。

 大西さんは「2020年の東京オリパラに弾みをつけるためにも、精いっぱい頑張ります」と笑顔で話した。

 リオパラリンピックは9月7日に開幕、同18日に閉幕する。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?