見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

高円寺で「マンホールふた」「暗渠」トークイベント 区の隠れた魅力を発信

銀蓋観賞愛好家(マンホーラー)の白浜公平さん

銀蓋観賞愛好家(マンホーラー)の白浜公平さん

  •  

 座・高円寺2(杉並区高円寺北2)で3月17日、トークイベント「すぎなみ道草のススメ」が開かれる。

暗渠に設置されている、金太郎の車止め

 地域資源の魅力の発掘とにぎわいづくりにつながる「まち歩き」を広めるため、杉並区が2015年から開く同イベント。マンホールふたや暗渠(あんきょ)、飲み屋街など、普段の生活では見過ごしがちなテーマを取り上げ、区の隠れた魅力を発信する。

[広告]

 今回は各分野の専門家が登壇。出演は銀蓋観賞愛好家(マンホーラー)でテレビ番組「マツコの知らない世界」にも出演した白浜公平さん、自称「中級暗渠ハンター」の高山英男さん、「深掘型暗渠研究家」の吉村生さん、「ブラタモリ」や「タモリクラブ」などにも出演する「境界協会」主宰の小林政能さん。それぞれがマニアックな専門領域について熱く語るという。

 関連展示で「馬橋区民集会所」(高円寺南3)では「杉並境界展」、「tokyobike shop 高円寺」(高円寺南2)で「杉並マンホール展」、「自由帳ギャラリー」(高円寺北2)で「杉並暗渠展」も開催中。

 イベントで司会を務める、区役所職員のタモリリョウさんは「普段の街歩きが何倍も楽しくなり、『マニアックにひたること』の素晴らしさに目覚めてしまうこと間違いなしのシンポジウム。関連展示も合わせてお楽しみいただければ」と来場を呼び掛ける。

 15時開演、17時閉園。入場無料(申し込み不要)。関連展示は18日まで。

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?