見る・遊ぶ

「万燈神輿」のちょうちん協賛呼び掛け 「高円寺フェス」で渡御、企業PRにも

粋紫輦の万燈神輿

粋紫輦の万燈神輿

  •  

 高円寺フェスの期間中に「万燈神輿(まんとうみこし)」を渡御する「粋紫輦(すいしれん)」が現在、「弓張提灯(ちょうちん)」の協賛を募集している。

 10月28日に高円寺駅前やパル商店街で約200人が担ぐ万燈神輿。杉並区内に奉納されており、約15年間担がれてなかった。高円寺の街で担ぎたいと有志が立ち上がり、高円寺フェス実行委員会や商店街が協力し実施が決まった。

[広告]

 「弓張提灯」はみこしに付けられるもので、個人名や企業名、店名など好きな文字を入れることができる。渡御終了後、ちょうちんは贈答される。

 担当者は「名前の入ったちょうちんを飾るみこしが高円寺内を渡御するまたとない機会。企業などのPRにも活用いただければ」と呼び掛ける。

 みこしの4面には高円寺の街中で壁画を制作するアートプロジェクト、「koenji mural city project」の高橋洋平さん、小田佑二さんが布にデザインを施し、装飾するといい、8月31日21時から「AMPcafe」(高円寺南4)で公開制作を行う。

 料金は1万2,000円、高円寺フェスのウェブサイトで申し込みを受け付ける。9月9日まで。

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?