見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

杉並・旧上井草保育園で伐採された「桜の木」でワークショップ 木ひきや草木染など

木ひきを体験する参加者

木ひきを体験する参加者

  •  

 旧上井草保育園(杉並区上井草3)が障がい者施設に建て替わるのに伴い、伐採した桜の木を生かす「街の木活用ワークショップ」が8月25日、都立農芸高校(今川3)で開かれた。

作業する子ども

 7月初旬に伐採した桜の木は、高さ約10メートル、直径80センチの木を含む2本。「何か形に残したい」と同校の生徒や卒園児約30人がワークショップに参加した。

[広告]

 参加者は「大鋸(おが)」と呼ばれるのこぎりで木材をひき切り、剥いた桜の樹皮を活用して、手拭いを染める草木染など、約6時間の作業を体験。参加した子どもは「木を削るのは難しいけど楽しい」「きれいに染まった」と喜び、同校の生徒は「授業とは違った貴重な体験ができた」と話していた。

 障がい者施設のオープンは来秋を予定し、同時期にもワークショップを行う予定。

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?