食べる

高円寺にイタリア料理「ウシータ」 自然乾燥麺使うパスタやワインなど

生ハムとルーコラのサラダ

生ハムとルーコラのサラダ

  •  

 イタリア料理店「Andiamo al'Uscita(アンディアーモ・アッラ・ウシータ)」(杉並区高円寺北3、TEL03-6336-4451)が高円寺にオープンして1カ月がたった。

ウシータのスタッフ

 高円寺中通り商店街に7月11日にオープンした同店。店名は直訳するとイタリア語で「出口へ行こう」を意味し、「日常を忘れて、楽しんでほしい」と思いを込めた。28席を用意する。

[広告]

 店長の深谷郁也さんは、姉と2011年から5年間東中野でイタリア料理店を営業しながら、新宿のイタリア料理店でもワインや料理について勉強した。好きな街である高円寺で店を開きたいと考えていたといい、実現に至った。

 料理は日替わりで提供する。お薦めは、提供直前にスライスする生ハムをのせた「生ハムとルーコラのサラダ」(600円)。パスタについて深谷さんは「スーパーで購入できる短時間でゆで上がるパスタは、高温で乾燥させているもので原料のうまみが失われている。店で扱う自然乾燥の乾麺は、水分がゆっくり抜けて小麦の香りも残る。ゆで時間は長くなるので少々お待たせしてしまうが、食感がモチモチしておいしい」と話す。チーズとこしょうを意味するパスタ「カチョエぺぺ」(900円)が人気という。

 ワインは料理に合わせて各種用意し、グラスは(500円~)、500ミリリットルの「メッツォ」やボトルでも注文できる。口の中をリフレッシュして食事を楽しんでほしいと、イタリア産のガスありボトルウオーター(500ミリリットル)は「破格」という100円で提供する。

 深谷さんは「カウンター席もあるので、0件目のちょっと1杯から、1件目のお食事にお酒、締めに重めの赤や白を飲んで帰るも良し。気軽に利用してもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は17時~24時。

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?