食べる

阿佐ヶ谷にクラフトビール店「20taps」 「ビール工房」リニューアルで20種提供

店の外観

店の外観

  •  
  •  

 クラフトビール店「阿佐ヶ谷20taps(トゥエンティタップス)」(杉並区阿佐谷北2、TEL 03-3336-0606)が3月19日、オープンする。

アメリカ産アンガス牛を使った「サイコロステーキ」(790円)

 「高円寺麦酒(ビール)工房」(高円寺北2)、「荻窪ビール工房」(荻窪5)などを運営する「麦酒企画」が、約1年間外部に運営委託していた「阿佐谷ビール工房」を直営店として新装開店する。系列の他店とは異なり店舗内に醸造設備を持たない業態で、系列店や提携の醸造所で製造するクラフトビールを提供する。席数は、1階=カウンター8席、2階=テーブル30席。

[広告]

 1階には店名の由来となっている生ビールのタップ(ビールサーバーの注ぎ口)が20口並び、常時20種類の生ビールを提供。「ビール工房新宿」(新宿区)の人気メニュー「新宿SUNNY GOLD」やその醸造レシピを基に京都の酒造メーカーが製造する「京都 SUNNY GOLD A」「京都 SUNNY GOLD B」など、複数の醸造所で製造するビールの飲み比べができる。

 店長の渡邊辰郎さんお薦めのフードメニューは、アメリカ産アンガス牛を使った「サイコロステーキ」(790円)、ビールで衣を溶かし、食感を軽く仕上げる「フィッシュ&チップス」(590円)。渡邊さんは「ビールの特徴に合わせて注文できるようバリエーションを設けている。系列店舗よりも短いサイクルでお薦めメニューを入れ替えていければ」と話す。

 創業者の能村夏丘さんは「各所の麦酒工房で醸造するビールが楽しめるアンテナショップのような位置付けにしたい。多くの飲食店が軒を連ねるスターロード商店街の入り口にあり、北口ロータリーのからもお客さんが入る好立地。広く街の方にクラフトビールを飲んでもらい、スターロード商店街を知らない方や、初めての方にも入りやすい店づくりを目指していければ」と意気込む。

 営業時間は17時~23時30分(土曜は15時~22時30分、日曜は15時~21時30分)。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?