食べる 買う

西荻窪・そうめん専門店で「そうめんバーガー」 特製かつお節ソースが決め手に

そうめんバーガー『フライドフィッシュ(赤魚使用)』

そうめんバーガー『フライドフィッシュ(赤魚使用)』

  •  
  •  

 そうめん専門店「MAHOROBA」(杉並区西荻北4)が新メニュー「そうめんバーガー」を開発し、販売を始めた。

そうめん専門店「MAHOROBA」外観

 今年6月にオープンした「そうめん(にゅうめん)専門店」の同店は、日本各地のそうめんとだし料理を楽しむことができる和食店。

[広告]

 店主の塩田 昌弘さんは「元々はそうめんを使ったお酒のおつまみを開発していたが、そうめんをバンズ代わりにいろいろ挟んだり、ラップサンドみたいに巻いたりできるのではないか、という思いから試食品を作った。元々ファミリー層の来店が多いので、幅広い年代の方々に楽しんでいただければと、即商品化に踏み切った」と話す。

 「さくさく」「ぱりぱり」「もちもち」の食感が口に広がり、特製かつお節のソースの優しい味わいとヘルシーさが人気の秘訣(ひけつ)。ソースを別の料理にも使いたいと追加で注文する客もいるほど好評だという。麺は「揖保の糸」を使い、今後は他の麺でも試してみたいと意気込む。

 「そうめんバーガー~特製鰹節のソース~」は、「フライドチキン」「フライドフィッシュ(赤魚使用)」の2種類。各600円(税別)。

 塩田さんは「そうめんバーガーは現在はチキンとフィッシュのみだが、蔵王牛ステーキなど新商品の企画もある。そうめんにまつわるメニューはもちろん、天ぷらやステーキ、おつまみなど幅広いメニューを提供している。ワインや日本酒を傾けながらゆっくりと食事をしていただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時30分~21時。土曜・日曜・祝日のみ販売(平日は予約販売のみ)。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?