天気予報

31

21

みん経トピックス

高円寺に「惣菜nogi」杉並区在住在勤者の婚活イベ

高円寺にビールとスパイスカレーの店 年内には店内醸造のビール提供も

高円寺にビールとスパイスカレーの店 年内には店内醸造のビール提供も

耕史さんが作るというスパイスカレー

写真を拡大 地図を拡大

 高円寺に9月2日、ビールとカレーの店「アンドビール」(杉並区高円寺北4)がオープンした。

アンドビールの外観

 さまざまなクラフト生ビールを仕入れ提供する同店。年内には店内で醸造した自家製のビールも提供するという。場所は旧JR社宅をリノベーションした「アールリエット高円寺~KOENJI APARTMENT~」の105号室。

 経営するのは安藤耕史さん、祐理子さん夫妻。祐理子さんは京都生まれでゲーム会社やコンサルタント会社に勤めた後、ビール作りの勉強のために山梨県のアウトサイダーブルーイングで修業し、同店を開いた。耕史さんは岐阜生まれで、学生時代からスリランカやネパール、メキシコなど30カ国以上を旅し、ホームステイをして各国の食事や文化を楽しんできた。その頃から間借りで不定期のカレー店を6年続け、現在はIT企業に籍を置きながら同店のカレー作りを担当している。

 高円寺に決めた理由について、祐理子さんは「上京してからずっと高円寺近辺に住んでいた。店を始める上で都内の物件をたくさん見たがピンとくる場所が無く諦めかけていた。たまたまウェブで同地を見つけ、アパートのコンセプトが作り上げていきたい店にぴったりだと思い、すぐに申し込みをした」と話す。「店の前には芝生が広がっていて車道まで柵があるので、お子さまを安心して遊ばせながら大人はビールを楽しむことができる環境」とも。

 お薦めは日替わりで用意する「スパイスカレー」(800円~)。今後は種類が選べるようにしていくという。ビール(250ミリリットル=500円、490ミリリットル=900円)のほか、おつまみ(280円~)も提供する。

 祐理子さんは「大好きな高円寺で大好きなビールとカレーの店を作った。私たちは安くてうまい居酒屋が大好きなので、毎日通える価格とラインアップの提供を目指している。カレーを目的に来られた方がビールに興味を持ってもらったり、その逆だったり、幅広いお客さまに楽しんでいただきたい」と話し、「天気がいい日に芝生で飲むビールは最高なので気軽に来店いただければ」と呼び掛ける。

 営業時間11時30分~14時、17時~22時(土曜・日曜は11時30分~22時)。月曜・火曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

現在のお住まいはどちらですか?

アクセスランキング