食べる 買う 暮らす・働く

阿佐ヶ谷のパン店「ヴィ・ド・フランス」が新業態へ イートイン併設

31席のカフェスペースを併設した

31席のカフェスペースを併設した

  •  

 阿佐ヶ谷に11月22日、パン店「デリ&ブレッド ヴィ・ド・フランス ビーンズ阿佐ヶ谷店」(杉並区阿佐谷南3、TEL 03-53565877)がオープンした。

パンの陳列スペース

 全国にチェーン展開している「ヴィ・ド・フランス」の都内初出店となる業態。チェーン店では珍しいという、店内で粉から作る製法のパンを提供する。店の7割のパンは石窯で焼いている。カフェスペースに31席を用意する。

[広告]

 これまで20年ほど「ヴィ・ド・フランス」として営業していたが、今回の新業態ではサイフォンから一杯ずつ入れるコーヒーや、ソフトクリーム、サラダなども提供を開始した。

 店長の鈴木正和さんは「石窯で焼くパンは遠赤外線で焼くので、表面がサクッとしておいしい」と話す。

 お薦めは「石窯メロンパン」(173円)、ライ麦パンにクルミとレーズンを入れた「石窯レザンノア」(550円)など。

 鈴木さんは「品ぞろえも増え、店もきれいになった。おいしいパンとコーヒーでゆっくりと過ごしていただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は7時~21時(土曜・日曜・祝日は8時~)。

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?