食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

高円寺の小杉湯で着衣のまま入る「発砲ビーズ風呂」 アートでコミュニケーションを

ビーズ風呂のキャプション

ビーズ風呂のキャプション

  •  

 高円寺の銭湯「小杉湯」(杉並区高円寺北3)で8月2日、「いどばたアートin小杉湯」が開かれる。

ビーズ風呂に入浴しながらお酒が飲める

 「触れるアート、話せる空間」をテーマに、発泡ビーズを浴槽に入れ、着衣のまま入浴ができる体験型アートイベント。アートで人と人をつなぎ、参加者の日々の生活がちょっぴり楽しくなるきっかけを提供するという。

[広告]

 メインコンテンツの「ビーズ風呂」では、特殊加工され、体に付着しにくい発砲ビーズを6トンし浴槽に入れる。浴槽内に隠されたカプセル探しゲームや、銭湯タイマー、銭湯クイズなどの企画も用意。19時以降は照明や音楽が変更されバータイムとなり、アルコールの提供も行う。休憩スペースには、浴槽に入れるビーズと同じものを使用したビーズクッションを設置するほか、「かき氷Lounge」も出店するという。

 担当の工藤明恵さんは「夏にぴったりの新しいアートイベント。参加者同士がコミュニケーションをとることができる仕掛けなど、今までにないコンテンツを用意している。来場いただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は13時~22時(バータイム19時~)、料金は前売り=1,800円、当日=2,000円、小学生以下無料(1ドリンク・共通入浴券付き)。チケットサイト「Peatix」で発売中。

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?