見る・遊ぶ 暮らす・働く

杉並区でチャリティースポーツイベント プロからフットサルやダンス教わる

前回開催時の様子

前回開催時の様子

  •  
  •  

 杉並第一小学校(阿佐ヶ谷北1)で9月26日、スポーツ&チャリティーイベント「すぎなみチャリティ・スポーツ2015」が開催される。

 フットサルの元日本代表選手やプロダンサーから直接指導が受けられ、一緒にプレーすることができる同イベント。区の寄付文化とスポーツを盛り上げる企画で、参加費の一部は区のNPO支援基金に寄付される。

[広告]

 日本フットサルリーグ所属チーム「パルドラール浦安」の荒牧太郎選手と野村啓介選手を講師に招き、ワンポイントレッスンを行う。ミニゲームでは世代交流戦も予定する。

 ブレークダンス講師は10代のダンサーChieriさん。Chieriさんは阿佐ヶ谷児童館で月2回教室を実施するほか、吉野家のCMなどでも活躍する

 実行委員長で杉並区NPO支援基金普及員会会長の小山さんは、「プロから直接教えてもらえて、参加費の一部が杉並区の地域活動に寄付される区最大級のスポーツチャリティーイベント。大人も子どもも楽しめるので足を運んでいただけたら」と話す。

 開催時間は10時~12時。小学生以上対象で、参加費は500円。5人以上で参加する場合は前日までに「すぎなみ協働プラザ」に連絡が必要。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?