見る・遊ぶ 学ぶ・知る

阿佐ヶ谷で和と七夕テーマの「BATA ART」 街なか展示やワークショップも

楽しむ園児たち

楽しむ園児たち

  •  

 阿佐ヶ谷の南エリアで7月23日から、和と七夕をテーマにしたアート展「BATA ART EXHIBITION(バタ アート エキシビション)」が開催されている。

紙のスタードーム(ワークショップ)

 「七夕(バタ)」に「阿佐谷川端(バタ)通り商店街」の「道端(バタ)」でアートを楽しもうと昨年初めて開かれた同展。杉並区内を中心に活動するアーティストや地元商店街、地域の学生たちが、ユニークな作品を、民家の軒先など12カ所の会場で展示する。

[広告]

 「いちょう小路」(阿佐谷南3)の展示「七夕ことのは いちょう小路」では日本の伝統文化「かるた」の普及活動を行っているグループが、人と人の出会いやつながりを言葉や絵でイメージした和傘を展示する。地域の保育園児たちは、「私、これが好き」「きれいな傘だね」と眺めていた。

 期間中は藍染めの素材で作る七夕飾り、ガラス工芸など、親子で参加できるワークショップも用意する。

 担当者は「七夕まつりと合わせて、2つのイベントを楽しみながら、阿佐ヶ谷の魅力を存分に満喫していただければ」と来場を呼び掛ける。

 8月5日まで(展示期間は作品により異なる)。

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?