食べる

荻窪に讃岐うどん店「花は咲く」 「東京讃岐うどん」テーマに、テークアウトも

極上の肉うどん

極上の肉うどん

  •  
  •  

 うどん店「讃岐のおうどん 花は咲く 荻窪店」(杉並区荻窪5、TEL 03-5335-7886)がオープンして3カ月がたった。

店の外観

 「ちょと贅沢(ぜいたく)!讃岐うどん」がコンセプトの同店は、「東京讃岐うどん」を掲げ、日本食のエッセンスを取り入れた「体に優しい食材」を使ったうどんを提供する。2013年に新中野で開業し、2018年には新宿戸山店、新宿御苑前店、若松河田店を出店。昨年11月8日にオープンした同店は、カウンター9席、テーブル6席を用意する。

[広告]

 荻窪にオープンした理由について、エリアマネジャーの北田さんは「荻窪方面で物件を探していたときに、荻窪で5年ほど営業していた『手打ちうどん弓』が移転されるので代わりに入るうどん店を探していると伺った。ご縁があり居抜きのかたちで出店が決まった」と話す。

 お薦めはA5ランクの黒毛和牛や大分のブランド玉子「蘭王」を使った「極上の肉うどん」(1,600円)。スティック状の野菜をかき揚げにし、インスタ映えを狙った「彩り4種野菜のかき揚げぶっかけうどん」(900円)。うどんの湯で時間に楽しんでほしいという「こだわり讃岐おでん」(150円~)には四国から取り寄せる魚の練り物やみそを添える。

 北田さんは「一人で軽くお酒とうどんを楽しみたいときも、大切な人とゆったりと過ごしたい方にも満足いただけるはず。全メニュー持ち帰りや事前ご予約も対応している。近日中に『UBER EATS』のデリバリーもスタート予定なのでたくさんの方にご賞味いただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は、ランチ=11時~15時、ディナー=17時~21時。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?