食べる 見る・遊ぶ 買う

荻窪ルミネ発「大人向け日帰り遠足」 ワイナリー見学も

道の駅

道の駅

  •  
  •  

 オリジナルツアー「KOKOLUMINE×choroko 大人の日帰りえんそく~秋の山梨に出かけよう~」が10月12日、ルミネ荻窪(杉並区上荻1)で開催される。

ワイナリーのブドウ園

 ココルミネプロジェクトは、「人と旅する」をテーマに、都市と地方の文化をつなげるプロジェクト。2017(平成29)年に始まった同ツアーでは、ルミネ荻窪を出発し、バスで山梨県甲州市勝沼町まで移動する。

[広告]

 山梨県では、山梨名物ほうとうランチ、ワイナリー見学、野菜詰め合わせ、ハタオリマチフェスティバル、道の駅でお土産を購入することができる。

 甲州市勝沼町周辺は、気候の寒暖差が大きく、ブドウ作りに適した環境が広がっていて、明治からワイン作りが行われ、今では数十社のワイナリーがあり、全国有数のワイン生産地になっている。

 富士吉田市は富士山の湧水を使って千年以上前から織物業が始まったという。近年では工場独自のファクトリーブランドが多く台頭している。まち歩きができる「ハタオリマチフェスティバル」では織物製品や古道具が全国各地から集まり、フードやワークショップなどが楽しめる。

 主催者は「今年2回目のルミネ荻窪店限定ツアー。今まで3回訪れている山梨県富士吉田市を飛び出し、ワインの名産地である山梨県甲州市勝沼町を訪れる。現地の方々と話しながら、地域の魅力を感じられるアットホームなツアー。都会の騒がしさを忘れて秋の山梨を満喫してほしい」と参加を呼び掛ける。

 参加費は、ルミネカード会員=8800円、一般=11000円。定員24人。一次募集締め切りは9月16日。二次募集は9月17日から9月30日まで。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?