食べる 見る・遊ぶ

高円寺演芸まつりで6大学の落語研究会寄席 鍋焼きうどん500食を無料提供も

無料提供される「だしがしみるわぁ~ 鍋焼うどん」のイメージ

無料提供される「だしがしみるわぁ~ 鍋焼うどん」のイメージ

  •  
  •  

 「キンレイ心染寄席2019」が2月9日、「長仙寺檀信徒寺務所」(杉並区高円寺南3)で開かれる。

「だしがしみるわぁ~ 鍋焼うどん」のパッケージ

 8日から高円寺駅周辺の寺・神社・銭湯・店舗など40会場以上で寄席を展開する「高円寺演芸まつり」内で開かれる同イベント。冷凍食品の製造・販売会社「キンレイ」(京都市)が鍋焼きうどんなどの「和食」と、伝統芸能の「落語」の文化的価値を融合し、魅力を多くの人々に伝えることを目指す「キンレイ心染(しんせん)プロジェクト」の一環で行う。

[広告]

 プロジェクトに加盟している、法政大学、中央大学、二松学舎大学、日本大学文理学部、日本大学芸術学部、東海大学の落語研究会から20人以上が落語を披露。1階では同社の製品で発売から35年たつロングセラー商品「だしがしみるわぁ~ 鍋焼うどん」500食を無料で提供する。

 開催時間は11時~17時(鍋焼きうどんの試食は無くなり次第終了)。入場無料。

  • はてなブックマークに追加

高円寺経済新聞VOTE

高円寺経済新聞の中で注目している記事はどのような内容ですか?